なんじゃ~このカメラ!「投げるカメラ」がすごい。アメリカで発売開始!使いみちなさすぎだろ(笑)

投げるカメラがすごい
こんばんわ、ミヤです。

今日は今話題のカメラ「投げるカメラ」についてお話します。



このカメラはアメリカの発明家 スティーブ・ホリンガーさんが開発しました。

カメラを投げて何を撮る??


僕が思うに、カメラを投げて何が撮れるのか疑問です。というかカメラを投げる必要があるだろうか??って思うんですけど…。



どうせピッチャーの投げた球の景色はこ~~んな感じ!!的なやつでしょ?!



しかし!!


みなさんちょっと聞いてください!!


実はこれかなりハイテクです。





名前は「スクイート」って言います。



本体はテニスボール程の大きさで、3台のカメラを内蔵していて360℃のパノラマ画像を撮影できるそうです。


他にもサーモグラフィーやハイスピードカメラ、赤外線通信を搭載していて、なおかつ撮影した画像を色んなデバイスへ送信可能だそうです。



かなり凄いですよね??




もうひとつ言うと、動画も撮影できるんですけど、撮影時に人などの被写体にピントをしっかり合わせたまま動画を撮影できるんです。



それにレスキュー隊などが救助活動の時に人が入ると、リスクを伴うような危険なシチュエーションでも、


「投げるカメラ」をその危険なポイントに投げ入れるだけで、中の状況が把握でき、危険な現場でも活躍してくれそうです。



~YouTubeに良い動画があったのでUPしときます~



動画を観ても凄さが分からない人は、もう買ってください!買っちゃってその凄さを体験してください!僕は絶対いらないですけどね(笑)

PAGE TOP ↑