【台風11号】ハーロン最新進路予想、10日にかけて四国へ上陸する見込み。東海地方は大雨に要注意!!

夏の大型連休が始まり、さぁ遊ぶぞーと意気込んでいるところにお父さんのやる気をそぐような台風11号の接近。

この台風11号(ハーロン)は10日にかけて中国地方を直撃すると予想されてます。私達のお盆休みにどれだけ影響してくるのでしょうか。

SPONSORED LINK



9日11時現在は日本の南の海上


台風11号

気象庁はこの台風の強さを”強い”に分類してます。

今現在は日本の南の海上、足摺岬の南南西約250kmのところにいます。その後北北東に進んでいき、10日にかけて九州南部から四国に上陸する予定です。

台風11号ハーロン9日11時現在の詳細

  • 強さ:強い
  • 現在地:足摺岬の南南西約250km
  • 進行方向:北北東
  • 進行スピード:15km/h
  • 中心気圧:955hPa
  • 最大風速:40m/s
  • 最大瞬間風速:55m/s

ハーロンは現在、強い勢力を保ったまま、北北東へ進んでいます。ここで注意しておきたいのが進行スピードです。速度15km/hとてもゆっくりとしたスピードで進んでいくので、大雨や暴風の影響が長引くと予想されます。

先日、台風12号が猛威をふるった四国地方に住む方は厳重な注意が必要です。

今後の台風の動き

台風11号雨雲

上の画像は9日13時現在の雨雲の様子です。
台風本体の雨雲は四国に到達し、大阪や滋賀県、三重県辺りに厚い雲が掛っています。

東海地方でも雨が降っています。

11日には日本海側へ抜けていく

気象庁の予想では、9日~10日にかけて西日本に最接近し、その後11日には日本海へ抜けるとしています。

東海地方へは台風本体の風や雨の影響ではなく、北に位置する雨雲によって降水量がふえてくるといっていいのかもしれません。大雨や落雷洪水には充分注意してください。

各地の規制状況

四国や近畿を中心に鉄道や空の便に影響がでてます。帰省ラッシュのタイミングとかぶり、台風11号は空の便など約2万人に影響が出ています。


日本航空をはじめとし空の便は国際でも欠航が相次いでいます。お出かけする際は規制状況など確認してから出発するようにしてください。

鉄道、航空の規制は読売新聞のサイトから確認するとわかりやすいです。
読売オンライン交通情報

高速道路の規制も四国、関西、東海で通行止めになっているところがあります。一般道の混雑も予想されるので、時間には余裕をもって計画を立ててください。

NEXCO 西日本

PAGE TOP ↑